認知症(痴呆症・ボケ)は、老化現象であり、生活習慣病です。

長年の知的生活により、脳の神経細胞が減少し、記憶力・思考力が低下し、認知症になります。


認知症の主な原因は、脳卒中とアルツハイマー病。

脳卒中は、 脳血管が破れて出血したり、血管に血栓がつまり、脳組織へ十分な血液を届けられなくなるために起こります。

また、アルツハイマー病は脳の血流低下が主な原因です。


脳の血流低下を防ぐことは、認知症予防にもつながります。


私たちの脳の血流は加齢とともに低下します。

男女ともに70歳になると、脳の血流は15歳のときと比べ、30%以上減少するといわれています。

高齢になると認知症を発症しやすくなるのは、加齢によって血流が低下するからです。




お知らせ [topics]


まだ、当局のサポートを得ることができていません。

準備を始めて、1年以上経過しましたが当局のサポートを得ることができていません。

 

サロン運営は事情を承知したスタッフの知見が不可欠であり、粘り強く取り組みたいと思います。

 

一般的なサロンのイメージではなく、本当に根本的な課題解決につながるアプローチを発掘したいと考えています。

 

ぜひとも、縁をいただいた皆さまの知見を寄せていただければ、嬉しいです。

 

これから、これから ・・・

 

答えはひとつではありません ・・・。

 

 

0 コメント

20150314  開設の準備中です。

つどい、つながる、地域の縁側を目指して、認知症cafe  「認知症予防サロン百合ヶ丘 旬(ときめき)亭」の開設準備をしています。

 

営業日 : 毎週月曜日 10時から20時まで

 

運営のお手伝いをしていただけるサポーターを募集しています。

 

ご意見、要望、提案などありましたら、気軽にお寄せください。 お待ちしています。


0 コメント

 

最新の5件のお知らせを表示しています。

過去のお知らせは、こちらのサイトで確認してください